ノアの平凡な日常、見たり感じたりしたことを綴っていきます・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は暗くて重くて・・・一般の方にはあまり関係のないお話なので・・(汗;)
興味のない方はスルーしちゃってくださいね~・・ ^-^;;

Blogでも度々愚痴ってましたが春先に目の上と首の裏にでた炎症の為、
4月の半ばに皮膚科へ行き保湿剤やステロイド外用薬を処方されました。

使用から約1ヶ月後、異様な肌の色や薬への不信感から使用をやめることに・・。

保湿剤やステロイドを塗っている間は、顔の皮膚呼吸ができてないのが自分でもよくわかり息苦しささえ感じました。

炎症も、塗って治まったかと思い使用をやめると また次の日にはぶり返す。


そんな時 去年の冬の出来事を思い出した・・・。
腕の内側に貨幣状の湿疹がいくつもできていたのだけど、
” どうせ、長袖だしいいや ”・・

面倒だしお医者嫌いなので何かするわけでもなくそのまま放置しておいたのです。

見た目は少し酷かったけれど、バタバタと忙しい生活をしていて春が過ぎ
ふと気づくと湿疹や痒み・炎症も完全に消失して元の綺麗な状態に戻っていました。


今回は目の上ということもあり、見た目も気になるしお化粧するにもいろいろと考えてしまう場所ゆえ
どうしても我慢できずにお医者に足を運んでしまったけれど・・・

元々アトピー持ちでも普段はアトピーとわからないくらいのレベルなので
温泉水などでケアしてあげればまた自然によくなっていくかも・・と考え



”離脱に失敗する”
 などとは 深く考えもせず
ステロイド外用薬の使用を中止したのです・・・・
(正確に言えばつける前に比べ、よくなるどころか肌色までおかしくなってきていて
これはステロイドの影響に間違いない・・と怖くなったから。)


・・・・それから4日後、
全く予期していなかったことが起きました。
激しいリバウンドに見舞われ自分の顔を鏡で直視することができないくらい
酷い状態になりました。

朝 目を覚まし顔の痛みにづいて鏡を見に行くと
顔はパンパンに膨れ上がり、まるで火傷した人のようにズルムケ状態でした。

あの時のハバネロの言葉ったら・・(泣)

『ママァ、どうした~?お顔酷いよ・・』 私の顔を心配そうに覗き込むハバネロ・・

あまりの変貌ぶりに言葉も出なかったし、ただただショックで泣きました。


ココからが地獄のリバウンド生活の始まりです。

はじめは胸上くらいまでのリバウンド症状が
2週間後にはほぼ全身にまで赤黒い炎症が広がり、
体の内側から針で刺されるような痛みと何日にもおよぶ熱、悪寒で苦しむことに・・
痛みで服を着ていることも辛いのです。

ステロイドを塗るのをやめた途端、
全くステロイドを塗っていなかった場所にまで(私の場合はほぼ全身に及びました)
侵略者のように広がっていくのだから・・  

夏だと言うのに、寒くて寒くてアップロードファイル 冷蔵庫の中にでも入っているような毎日・・

この症状はかなり長い時間 しつこく続きました。


生き地獄とは、こういうことをいうんだなぁ・・とつくづく。

激しい痛みの次にやってきたのは気が狂うほどの痒み。



朝まで一睡もできず、疲れ果ててようやく眠る日を 何十日も過ごしました。


長い、終わりのないトンネルに入り込んでしまったみたいで・・・
夜になるのが怖かったです・・

正直、こんな酷い経験は初めてで・・・



こんな状態だから、よいことなんか考えられるわけもなく
精神状態もかなり悪くなり ”このまま死んだら楽になれるのに・・”
こんなことばかり 何度頭をよぎったことでしょう



顔に処方されたのは一番弱いランクのステロイド。
首や体にと処方されたものはどのくらいのランクのものかよくわかりません。

リバウンドは、
  
”ステロイドを長く使用しなければ問題ない”

と断言してしまう皮膚科医もいますが
そんなことはないと思います。

これはステロイドを使用して私のような
経験がある方ならよくわかるはずです
 

そもそも、ステロイドを使っていなければこんなことにはならなかったのだから
これは立派な副作用・薬害です。身をもって体験しました。

全身の大爆発から5ヶ月が経とうとしています。

顔はようやくもとの顔に戻りつつありますがまぁだ、95%くらいかな・・・。
あとは頬下から顎にかけてパリパリした皮が剥がれてくれれば元の顔(肌)に戻りそうです。

不思議なことに ステロイドを塗る前のアトピーの症状(目の上の炎症)、
完全に消失してるんです。

肩や首もまだところどころパリパリですが 最近になってようやくブラビキニがつけられるようになって・・
ゆっくりゆっくりではあるけれど、よくなってきてるんだな・・と少し嬉しくなりました。

綺麗だった手の甲なども侵略され、サハラ砂漠&ヒビ割れになってしまったので
割れてあまりにも痛むところにはコレを薄く塗ったりしてます。







・・・・・・でも、 よくココまで回復してくれた。。


ピークの時はまるで口裂け女ゾンビだもの。
映画にでてくるゾンビなんかよりホント数倍怖いんだからっ(笑えないけどね・・)



全国にステロイドの副作用、離脱症状で苦しんでいる人たちが沢山いることでしょう。

副作用やリバウンド症状とは知らずに アトピーの悪化と考え
またお医者へ行き、もっと強いステロイドを処方されている人達も数多くいるのではないでしょうか。

そしてどんどんと深みにはまっていく・・。

こんな人たちが増えていくことをとめられないのかな・・。

こんな苦しい思い、誰にも経験してほしくない。


私は もう "二度と"使いたくないです。








脱ステロイド・脱保湿推奨派 佐藤健二先生のBlog
スポンサーサイト
2009.10.22 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。